座・フィロカルチャー2018

講師:佐 藤 二 葉
2018127日(土)・開講!
第1期・全3回:2018年1月27日(土)、2月10日(土)、2月24日(土)
18:15-2-19:45、日本美容専門学校高田馬場)にて開催。
お申し込み・受付中 ←クリック

趣 旨:ギリシア文化を代表する叙事詩、抒情詩、悲劇は、演じられた作品です(ヘレニズム時代以降を除く)。今日の文学のような私的な読み物や研究対象ではありませんでした。
 このことを意識し、ギリシア悲劇の立体的な講座を開催したいとの思いから、佐藤二葉さんに登壇いただくことになりました。すばらしいギリシア悲劇を、窮屈な印刷物から解放し、蘇生させるのに、彼女以上の導き手はいないでしょう。
 3回、あるいは4回で、悲劇1作品をレクチャー、現存する作品を順に取り上げます。

講師よりソポクレースが紀元前441年頃に上演した悲劇『アンティゴネー』。時を超えて数々の文化人たちを魅了し、派生作品を多く生み、現在も世界中で頻繁に上演される、非常に人気の高い演劇作品です。なぜ私たちはこれほどまでにソポクレースの『アンティゴネー』に惹かれるのでしょうか?
 作中に何度も印象深く表れる「愛(する)」ということばをキーワードに、「アンティゴネーの愛とはいったいどういうものか?」という問いを立て、参加者の皆さんと一緒に、作品と主人公であるアンティゴネーの魅力に迫ります。

講座案内:1回ごとの受講もできます。
 ◆主 催:哲学文化塾
 ◆講 師:佐藤二葉
 ◆時 期:2018年1月~2月
 ◆曜 日:土曜日 18:15-19:45
 ◆日 程:1/27, 2/10, 2/24
 ◆会 場:日本美容専門学校(高田馬場駅・徒歩5分)
 ◆受講料:2,800円(1回)、3回通し7,500円
             *会場でお支払いください(現金のみ)。

 ◆お申し込み:各回、前日までの予約制⇒ オーダー・フォーム ←クリック
        またはメール:info@philoculture.jp
        *48時間以内に、事務局よりメールが届かない場合
         お手数ですが、メールでお知らせください。

 ◆参考書:『アンティゴネー』(中務哲郎訳,岩波文庫)
      『ギリシア悲劇全集3』(岩波書店)
      ・SOPHOCLIS FABVLAE(H. Lloyd-Jones et N. G. Wilson, OCT)
      ・ギリシア語テキスト(PDL)
  ※必要に応じて、レジュメやテキストなどをコピーして配布します。
  
レクチャーは日本語で行います
  
ギリシア語の知識がなくても大丈夫です。

--------------------------------------------------------------------------------------------

講師紹介佐藤二葉(さとう・ふたば) 
俳優・演出家・リュラー奏者。 

国際基督教大学卒業。首都大学東京大学院博士前期課程中退。西洋古典学を専攻し、ギリシア悲劇を研究する。座・高円寺劇場創造アカデミー演出コース終了。ギリシア悲劇の構成・翻訳・演出・演奏・出演を一人で行う「ひとりギリシア悲劇」を展開。東京学芸大学・国際基督教大学・朝日カルチャーセンターなどでゲスト講師を務めるほか、古代ギリシアの竪琴「リュラー」の演奏活動を行っている。 
←左の写真は「ひとりギリシア悲劇『アガメムノーン』」より。

★ツイ4にて古代ギリシア漫画「うたえ!エーリンナ」連載中。
Twitter
 

*************************************************************************************************

哲学文化塾 企画制作事務 hamacken

お知らせ[News]

inserted by FC2 system